顔汗と交感神経の関係とは?

MENU

顔汗と交感神経の関係とは?

気温が高い時や運動をした後などは、汗をかくのは当然のことです。

 

しかしそうした時を除いて、何でもない時に汗をかくとか、大量の顔汗をかくと言う時には、気温や体温以外の原因が存在していることも考えられます。

 

顔汗と交感神経系との結びつきとは?

顔汗との関係が深いのが、交感神経です。交感神経は、副交感神経と言う神経とセットで自律神経に該当する神経です。自律神経は、人間が自分の意思ではどうすることもできない領域の体の働きを司っています。

 

たとえば食事から栄養を摂取するとか、血管に血液が流れるなどで、汗をかくと言うのもこの中に含まれています。このふたつの神経は互いが互いに影響し合っており、またそれぞれ優位に立つ時間帯や状況などが異なっています。

 

交感神経が優位になるのは、日中、活動をしている時や緊張をしている時、またストレスを感じている時です。そしてこの神経は、発汗の働きを担っています。

 

ですから顔汗が酷いと言う時には、ひとつには精神的なプレッシャー、あるいは汗を気にすることへのストレスなどによって、この神経が過剰に働いてしまっていることが考えられます。

 

それから自律神経そのものの働きが不調に陥っていることも、考え得る原因のひとつです。自律神経は非常にデリケートな神経で、ストレスや生活リズムの乱れなどが続いたりすると、簡単にその働きやバランスが乱れてしまうこともあります。

 

更年期になると自律神経の乱れが顕著になる

また自律神経は大脳の視床下部と呼ばれる部位でコントロールされているのですが、女性や男性の性ホルモンもまた、この視床下部でコントロールされています。そのため更年期や、女性であれば生理前後、妊娠中や出産後などによって性ホルモンの分泌に影響が出てくると、それにつられて自律神経の働きが乱れてしまうこともあります。

 

特に女性の更年期障害において、冷えのぼせのような症状と共に顔汗が酷くなると言う症状が出やすいのは、こうしたメカニズムが関係しているためです。勿論、これ以外のことが原因である場合もありますが、顔汗を緩和したいと言う場合には、交感神経を含めた自律神経の働きを整えることが効果的なことのひとつだと言えます。

 

 

では具体的にはどのようなことをすれば良いのかと言うと、まずは過度なストレスや緊張感、不安感とはできるだけ距離を置くことです。汗が気になって仕方ないと言う気持ちは仕方ないものですが、それが更なるプレッシャーなどを招くと言うこともあります。ですから、あまり気にし過ぎないことがポイントです。

 

 

また生活習慣にも気を配り、特に夜は、リラックスした状態でまとまった睡眠を確保するようにするのも効果的です。また更年期にある人は、ホルモン療法を選択するのもひとつの方法です。