メイク崩れの原因となる顔汗

MENU

メイク崩れの原因となる顔汗

顔からでる汗が異常に多く、日常生活にも影響がでるという人は、顔面多汗症の可能性があります。
顔面多汗症の症状は、いつも顔が汗で湿っていたり、ちょっとしたことで、ぽたぽたと汗がしたたり落ちたり、吹き出る汗でメイク崩れを起こしてしまうなどといった人は、顔面多汗症の可能性が高いといえます。
顔面多汗症を含め、体の特定の部分に異常な量の汗がでる局所性の多汗症は、まだ原因がはっきりと解明されていません。
ただ、ボツリヌス注射や神経遮断薬、精神安定剤、漢方薬などで治療は可能です。
ボツリヌス注射は、ボツリヌス毒素がつくるタンパク質を有効成分とした注射で、汗の原因となる交感神経の末端から放出されるアセチルコリンという神経伝達物質を抑制し、汗を減少させる注射です。
神経遮断薬は、アセチルコリンの放出を阻害して、発汗を抑制する飲み薬で、プロパンテリンが多汗症の治療薬として唯一の認可薬となっています。
この薬は、全身に作用するため、顔汗だけでなく、全身の汗を止めるのに効果的です。ただ、口の渇きや胃腸障害、眠気、便秘などの副作用がでることがあります。
精神安定剤は、緊張やストレスなどによって交感神経を刺激され、汗が止まらなくなる場合に有効で、汗への恐怖心や不安がよけいに症状を重くしている場合には、精神安定剤が処方されることもあります。服用することで、気持ちが落ち着きリラックスすることができるため、汗の減少につながります。
漢方薬は、西洋薬のように症状に直接作用するというよりも、体全体のバランスを本来の状態に戻して、自己治癒力を高める効果が期待できるため、西洋薬では原因が解明できず、対処しきれないような場合でも効果を発揮することが可能です。
また、人それぞれの症状にあわせて漢方を調剤することもできるというのもメリットといえます。

 

人は誰でも汗をかきますが、人並み以上に汗をかくのは多汗症の可能性があります。
多汗症は、不潔に思われたり、体調不良を心配されることもあり、社会生活を送る上でも悩みはつきません。
女性の場合には、メイクが崩れる原因にもなりますから、特に問題となります。
根本的な改善は、漢方薬や食生活の改善が大切ですが、一時的に汗を抑えたい場合には、半側発汗法を行うのも一つの方法です。これは体の一部を圧迫することで、圧迫する側の汗の量を減少させる、人体の特徴を利用した方法で、胸のあたりを強く圧迫することで、顔の汗を減少させることができます。

 

 

顔汗止める方法と対策

更新履歴